javascriptをONにしてください

お客様から頂く皮膚の悩みやご使用方法等のfaq

サンスクリーン
  • サンスクリーン
  • 敏感肌でも安心!! リコピノソワンシリーズ

  • サンスクリーン

    [メイクベース・日焼け止め]

  • 3,240円(税込)

  • 000
  • サンスクリーンを購入する

ご質問一覧

どうしてサンスクリーンが必要なのでしょうか?

紫外線には優れた殺菌作用が有ります。 しかし反面そのエネルギーがお肌に及ぼす影響は広範囲になり様々なスキントラブルの要因となります。 1.軽いやけど状態⇒皮膚深部まで紫外線が入りこみ炎症と水膨れなどを発生させます。 2.色素沈着⇒炎症の後に大量に発生した色素が沈着してしまいます。特に傷の部位の日焼けは要注意です。ニキビ跡が茶色に変色してシミになるのはこの為です。 3.肌荒れ⇒皮膚表面の水分が減少して乾燥しカサカサになります。 4.大ジワ(細胞の破壊) ⇒紫外線によりエラスチンなどの増加により分子が硬くなる。またコラーゲンなどの弾力がなくなり切れてしまう。 5.ニキビの悪化とダークスキン⇒皮脂が酸化し吹き出物の原因となる脂肪酸が酸化し細菌が繁殖しやすくなる。また皮膚全体が酸化した皮脂によりくすんで見える。

紫外線を防いでくれるパワーはどれくらいですか?

SPF⇒UV-B(サンバーン)指数は40です。 SPF1を平均15分として、15×40=10時間は赤くなる日焼けからお肌を守ります。 PA⇒UV-A(サンタン)防止効果は++です。 これは【かなり有る】という事です。

効果的な使用時間は?

一番紫外線の照射角度がお顔にきつく当たる時間がAM10~PM2ぐらいです。しかし朝の紫外線も侮れません。フルメイクをしない日でもサンスクリーンとパウダーだけでもお顔にのせておく事が老化予防に繋がります。

DAYケアとSpecialケアの違いは?

日常の生活紫外線(SPF15程度)の場合は、DAYケアとしてサンスクリーンにリニューアルコンパウンドをブレンドしてお使いください。海・山・アウトドアスポーツを長時間楽しまれる場合は、Specialケアとしてリニューアルコンパウンドを全体に塗布された後にサンスクリーンをそのままお使いください。

ウォータープルーフですか?

はい、もちろん汗・水に強いタイプです。しかし使用感はさっぱりしています。

PAGE TOP